2007年12月02日

モリー先生との火曜日

morrie.jpg モリー先生との火曜日

ミッチ・アルボムと恩師モリー・シュワルツのノンフィクション。

ミッチは16年の歳月を経て大学時代の恩師モリー先生と再会。
その時モリー先生は難病の筋萎縮性側索硬化症に侵されていた。

そして、それから毎週火曜日に開かれる講義。授業の内容は、愛・仕事・家族・老い・・・そして死について。
講義はモリー先生が亡くなるまで続きます。


普段は恥ずかしくて言えない「愛」について。

普段は考えるのも嫌な「老い」について。

普段は怖くて考えたくない「死」について。

優しく教えてくれる本です。

  
本編の中で印象に残った一節
「いかに死ぬかを学ぶことは、いかに生きるかを学ぶこと」

お薦め!!



〓〓〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
TEL:072-453-5174
ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
posted by koudou at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7476725

この記事へのトラックバック