2011年10月20日

モンスター

monster.jpg
モンスター

主人公の田淵和子はその醜い容姿から幼い頃のあだ名は「バケモノ」
後年、ある事件を起こしそれ以来、彼女は「モンスター」と呼ばれるようになった。

この事件をきっかけに彼女は故郷を離れ東京へ進学。

上京して彼女は容姿が悪いとアルバイトも就職もままならないことを更に痛感。
やがて彼女は貯金も毎月の給料もほとんどを整形費用につぎ込むようになる。

綺麗になるにつれて就職も何もかも有利になって行ったとき彼女はある決意をする。

風俗にまで身を落とし稼いだ資金で整形を繰り返す彼女。
やがて男性ばかりではなく同姓の女性までが息を呑むような美女に生まれ変わる。
そして彼女はある目的をもち、まったくの別人として故郷へ帰る。

そこで田舎にはあまりにも不似合いの高級フレンチをオープンする。

彼女の目的とは・・・。



彼女の中には幼いとき故郷での美しく心ときめく想い出がたったひとつだけあった。
それは結末で悲しく蘇る。

壮絶で何とも悲しい物語。


・・・・読み終えたとき深い溜息がでた。


相変わらず引き込まれる文章に一気読みです。







posted by koudou at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49059958

この記事へのトラックバック