2011年03月02日

腰痛ガイドブック

guidebook.jpg
腰痛ガイドブック(根拠に基づく治療戦略)
第1章 神話の崩壊
第2章 姿なき犯人
第3章 トリアージ
第4章 危険因子
第5章 新たなる戦略
第6章 ターニングポイント

腰痛は「生物学的(物理的・構造的)損傷」というよりさまざまな要因によって生じる「生物・心理・社会的疼痛症候群」である。
要するに腰痛は背骨や椎間板の異常より心理的社会的因子の影響を強く受けて発症するものである。

と言う内容です。
腰痛についての最新の情報が多く載っておりこれを読めば「治らない腰痛はない」と思うことでしょう。
○○療法とか○○式腰痛改善的な本ではありません。

前回ご紹介した「腰痛は怒りである」「ヒーリング・バックペイン」「心はなぜ腰痛を選ぶのか」そして「腰痛ガイドブック」と読みすすめるのが一番いい順番のような気がします。

一般の方には「腰痛は怒りである」と「腰痛ガイドブック」の二冊だけでも充分かと思います。
理解すれば殆どの腰痛や背中の痛みなどは、かなりの率で楽になると思います。
ただ、本当に藁をも掴むぐらいの状況でないと読み込むことが出来ないのではかと感じました。

腰痛治療にかかわる方(医師・整体・カイロプラクティック・鍼灸など)は特に「ヒーリング・バックペイン」と「心はなぜ腰痛を選ぶのか」を是非読んで欲しい。

これらの本が100%正しいかは分かりませんが治療に関して大変役立つシリーズだと自信を持ってオススメ出来ます。
本の中には病院での治療やカイロプラクティックを含め手技療法も無駄のようなことが書いてありますが、そこは考えようです。
カイロプラクティックを専門とする私の場合はこれらのシリーズを読んでよりカイロプラクティックが深く理解でき治療の治癒率も確実に上がったと実感できました。

この本は凄いと思いましたが著者はカイロプラクティックについては詳しくは知らないと思う部分もありました。
でもカイロプラクティック的に解釈するとどうなるのかと考えながら読むとたくさんのヒントが出てきてとても役に立ったシリーズでした。

長年、腰痛に悩む方、腰痛治療にかかわる方にオススメのシリーズ。









posted by koudou at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43654742

この記事へのトラックバック