2009年05月15日

禁煙バトルロワイヤル

kinen.jpg禁煙バトルロワイヤル

第1章:タバコは本当に身体に悪いのか
第2章:誰も知らなかったタバコの本当の怖さ
第3章:喫煙者の逆襲。なぜタバコだけが悪者にされるのか
第4章:やめるか、吸うか、タバコ日1箱1000円時代
第5章:どうすればタバコがやめられるか
第6章:これからどうなるタバコの行方。

愛煙家の爆笑問題・太田光氏と肺癌専門外科医の奥仲哲弥氏の対談。
最初から最後まで奥仲医師がタバコの怖さを切々と説くが太田氏にはまったく通じない。

第2章に書かれているタバコの怖さ、肺癌以上に怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は知らなかった。

これに罹ると気管支を締め付けられ息が吐けなくなる、肺に空気が溜まりパンパンになって巨大な風船のように膨らむ。そしてこの病気は苦しくてもすぐには死ねない。

手術も難しいので寿命がくるまで5年10年と息がまともに出来ないまま過ごさなければならない。この話も太田氏の独特のタバコ哲学にかかるとなんの効果もなし。

内容は経済、税金、教育問題にまで及ぶが奥仲医師もやみくもに嫌煙権を主張する事もなく太田氏も喫煙する権利を主張はしていない。

これを読んで禁煙できるかと言えばまず無理だろうと思う。禁煙セラピーの本ではなくタバコを中心とした対談。けどなかなかオモシロく読めた。

最後に奥仲医師は1日5本ぐらいを愛でるように吸えば肺癌の可能性は非常に低くなりCODPになったとしても80とか90歳だから天寿を全うできるのではと語っている。

禁煙目的でこの本を買った人は最後の「1日5本ぐらいなら」の文章に勇気付けられ返って「禁煙しないぞ」と思ってしまうかも。




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト 
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 18:47| Comment(0) | 医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: