2009年02月18日

鬱の力

utunotikara.jpg鬱の力 (幻冬舎新書)

はじめに−時代は「鬱」へ向かう
第1部・鬱は「治す」ものなのか
第2部・日本社会は劣化したのか
第3部・「鬱の思想」を生きる
おわりに−鬱は力である

五木寛之氏の鬱に関する考えと香山リカ氏の医療の現場からみた鬱の話。
内容は政治経済、心理学、哲学、宗教、スピリチュアルにまで及びますが難しい話はありません。

最近では随分と鬱の人が多いようで、はたして本当にそうなのかという疑問がこの本を読んで少し分かったような気がします。
現在の精神医学では、失恋して落ち込んでいる人も「うつ病」と診断されるというから鬱の人が多いはず。

本書より要約。
【登山するときは山頂を見ることだけにとらわれ周りなど良く見ない。しかし下山の時は下界の景色、高山植物の美しさに気づく。
加速も文化だが減速もカルチャー。今、世界はそういう時期に入っている。
社会全体が「鬱の時代」に入っているが鬱という言葉は生命を内に秘めた状態を言う。世界中が躁の時代を通過し鬱の時代に入っていく中で、あらためて鬱は力と思いたい。】

安くて薄くて内容最高・・・いい本です。




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体カイロプラクティック 腰痛整体院・幸道整体 
カイロプラクティックについて 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 18:25| Comment(2) | 心理学
この記事へのコメント
幸道整体の「本、ななめ読み」 

幸道整体カイロプラクティックさん


幸道整体カイロプラクティックさん、こんにちは。突然のコメント、失礼致します。
オンラインブックガイド「新刊JP」を運営しております、新刊JP編集部と申します。

茂木さんの脳研究にご関心をお持ちとの記事を拝見して、コメントをさせていただきました!
今日はそんな熱心な幸道整体カイロプラクティックさんに是非ご紹介したい本があります。
茂木健一郎さんの新作、『化粧する脳』という本です。

内容を少しご紹介すると・・・
・女性は鏡に向かって化粧するとき、左右対称の顔、つまり「人から見た顔」に近づけようとしている。
・鏡に映った顔、メイク前は自分の顔、メイク後は他人の顔と認識している。
・「チラ見せ」が、エロスのキモ。

など、当然のようでちょっと不思議な現象を、脳科学の面から研究・分析しています。
単純な読み物としても気軽に楽しんでいただける大変興味深い内容になっていますので、是非お手にとってみてください!

なお、茂木さんの特別インタビュー記事のほか、音声インタビューも、今なら無料でお聞きいただけます!是非こちらもご覧にいらしてください。
http://www.sinkan.jp/special/kesyou/
それでは、突然のコメント、大変失礼いたしました。
新刊JPはまだブログを運営していないのですが、ご意見などありましたら、是非こちら→http://www.sinkan.jp/help/otoiawase.htmlからお寄せください!お待ちしております。
Posted by 新刊JP編集部 at 2009年03月18日 14:09
新刊JP編集部さん、コメントと貴重な情報ありがとうございます。
Posted by 管理人・幸道整体 at 2009年03月19日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: