2008年06月21日

冷蔵庫のうえの人生

reizoko.jpg冷蔵庫のうえの人生

産婦人科医の多忙な母親と15歳の娘の冷蔵庫のドアに貼り付けたメモのやり取りだけで構成された小説。
母親が娘に書いた買い物リスト・・・このごく普通のメモのやり取りに始まる。
産婦人科医の母親の仕事や娘の学校の話、ボーイフレンドの事など、ごく当たり前に流れる生活。
そしてある日突然襲った母親の病気をきっかけに母娘の関係が変わっていく。
わがままな娘が成長していく過程。季節の移り変わる描写など短いメモのなかで上手く表現されてる。

最後の部分、ついに読んでもらえたかったメモが剥がれ落ちていくページ・・・これは訳本のオリジナルだそうですが巧くできています。

イメージしながら、まさに行間を読む形の本です。
私の父、義父とも既に亡くなっていますが、亡くなる数ヶ月前から二人とも日記を付けていました。
そして、最後のページは共通して字が乱れ読めない・・・ちょっと思い出しました。


母から娘、娘から母へのプレゼントにされている事も多いとか。
いい本でした。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
TEL:072-453-5174
ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16230780

この記事へのトラックバック