2008年06月11日

方向音痴の研究

hokou.jpg方向音痴の研究

第一話:全盲の社会学者が行く(石川准 社会学博士)
第二話:動物の脳内地図(青木清 動物行動学者)
第三話:カーナビ開発秘話(西脇正治 技術開発者)
第四話:デジタル地図革命(林秀美 技術開発者)
第五話:方向音痴のメカニズム(山本利和 心理学者、文学博士)

GPSの話はなかなか興味深かった。
建物や場所の位置を知るには座標軸のXYZ(縦・横・高)を求めるために3個の衛星が必要で、それに加え時間を数値化するためにプラスもう1つ合計4つの衛星が要る。このXYZ情報を完全に網羅するには地球を回る6つの軌道が確保されなければならない。
24個のナブスター衛星が地球を回ることで24時間正確に位置がわかる。

普段、なにげなく使っているGPSって凄いと分かった。

でも・・あれ?殆どがカーナビの誕生の秘話。
方向音痴そのものについては最終章のみで、それも解決策が書かれているわけではない。
方向音痴の自分としては少々肩透かしを喰らった感じだが楽しめる本です。


〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
TEL:072-453-5174
ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15905300

この記事へのトラックバック