2012年06月15日

余命半年から生きています。

yomeihantosikara.jpg
余命半年から生きています。


著者の相河ラズさんは2005年、上咽頭癌が発覚。
その後、奥さんが統合失調症に記憶喪失。
息子さんは学習障害。

2010年に余命半年を宣告される。
2011年から著者が始められたブログが基になった本です。

サブタイトル「面白いほど不運な男の笑う闘病記」
このタイトル通りです。
癌治療の過程での話は笑わせてくれますが
逆にリアルに伝わってきて、ちょっと読むのが辛くなる程。

全文、軽いタッチで書かれています。
なので、余計に著者の普通ではないポジティブさを感じました。

自分なら何ひとつ、背負えません。

このポジティブさが余命半年を吹き飛ばしたんでしょうね。

最後の「ブログ開始です」の章に書かれている「お囃子の音に」

これを読んだときジーンときました・・・そして少しほっとしました。

人間の強さを教えてくれた本です。



blog-banner-book.gif




posted by koudou at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメント