2011年02月14日

永遠のゼロ

zero.jpg永遠のゼロ。

物語はゼロ戦に乗っていた特攻隊の一員だった祖父、宮部久蔵のことを二人の姉弟で調べ始めるところから始まる。
二人が最初に会った元戦友の話は祖父を侮蔑した内容だった。
ここで一度は祖父のことを調べるのは諦めようとする、それほどひどい話だった。
がその後、祖父の元戦友を訪ね歩くうちにに宮部九蔵という人間がどんなに素晴らしい人間だったのかと言うことが浮かび上がってくる。

元戦友たちは自分達がいかに戦ったかの話を交えながら宮部について語る。
特攻隊員として凄腕を持ちながら異常なまでに死を恐れる宮部。
「たとえ腕がなくなっても脚がなくなっても生きて帰る。生まれ変わってでも生きて帰る」という妻との約束にこだわり続ける宮部。
国のために死ぬのが当たり前とされている戦禍にあってもそれを言い切る宮部。
そんな彼の生き方に対する元戦友達の嫉妬に近い憧れが巧く表現されている。

生きて帰ることにこだわり続けた宮部が最後には確実に死ぬと分かっている特攻に志願したのは何故なのか。
姉弟はついに60年間封印されていた驚きの事実にたどりつく。

物語の展開にどんどん引き込まれる、600ページ程あるがいっきに読めるストーリー。
また太平洋戦争がどのような経緯を辿ったのか。
そしてこの戦争に巻き込まれた国民はどう生き抜き、軍人はいかに戦ったのか。
国を護るために戦わなくてはならなくなった若者の心、命の大切さ、本当の優しさ。
歴史本を読むよりはるかに分かりやい。

いい意味で余韻の残る作品です。
最近読んだ本の中では最高だと思います。




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト 
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト ツイッター
posted by koudou at 09:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説