2009年06月19日

できそこないの男たち

dekisokonaino.jpgできそこないの男たち (光文社新書)

第1章 見えないものを見た男
第2章 男の秘密を覗いた女
第3章 匂いのない匂い
第4章 誤認逮捕
第5章 SRY遺伝子
第6章 ミュラー博士とウォルフ博士 
第7章 アリマキ的人生
第8章 弱きもの、汝の名は男なり
第9章 Yの旅路
第10章 ハーバードの星
第11章 余剰の起源

「生物と無生物のあいだ」同様、文章を書く能力はずば抜けていると感じる。
そして「生物と・・・」を読んだ時のようにプロローグで引き込まれエピローグで納得させられた。
生物のデフォルトは女性、それを無理やりカスタマイズしたものが男である。
カスタマイズされたものには不整備や不具合はつきもの、それが寿命を短くし様々な病気に弱い原因。おまけに精神的にも弱い。
これが男であるという内容。

第6章でのSRY遺伝子の働きにより、女性になる部分が消滅して男性が作られていく過程の話は自分のような素人は驚くばかり。
内容的には難しいのだが分かりやすく組み立てられた文章でいっきに読めてしまう、さすがと感じた。

第11章とエピローグにはこんなことが書いてます。
「では今日、一見、オスこそがこの世界を支配しているように見えるのは一体何故なのだろう」
「男はなぜここまで女性に尽くしてしまうのか」
ここは結構おもしろいですが個人的な思考が基本のような気がする。自分はその通りだと思った。

所々でハーバード大学の事情やナルダ-ジナール氏のゴシップなど何の関係があってこんな話がと思ったが最後まで読むとすべてが繋がる。このあたりは「生物と・・・」でも同じで読み終えてから文章の構成の巧さにに驚く。



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト 
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 18:30| Comment(0) | 科学

2009年06月02日

僕が2ちゃんねるを捨てた理由。

2ch.jpg僕が2ちゃんねるを捨てた理由

第1章 2ちゃんねる譲渡
第2章 大いなる勘違い
第3章 ネットと広告
第4章 テレビはもう、死んでいる
第5章 ルーツ・オブ・ひろゆき
 
題名とはかけ離れた内容。それはあとがきにも西村博之氏自身が書いている。
もともとは「テレビはすでに死んでいる」みたいな感じのテーマで進んでいた話で既存のメディアであるテレビ、ラジオ、雑誌、新聞と新しいメディアになりつつあるネットとの対比という内容。
こんな題名になった事情については生暖かくスルーしてと書いてある。

ひろゆき氏自身も本書の中で語っているが、何か聞かれれば、それに対しては何でも答えることは出来るとある。
確かに言語能力は相当高い、知識も豊富で論理的。
「1%のひらめきを、99%の努力ができる他人にやらせてみる」のが信条だと書いてある。
出来る人間を集め自分はそれを管理するのは仕事を伸ばす時の基本。
それを実際に実行している現状をみるとビジネスの能力もかなり高いと感じた。

2ちゃんねるを捨てた理由は最初の方で簡単に触れている。
しかし本書を読みすすめるうちに分かってくる、ひろゆき氏の能力の高さを知るとそんな簡単なことが本当の理由なのかと疑ってしまう。
この理由が本当だとしたら現在、管理しているニコニコ動画も将来手放す可能性大。

本書の中で書かれているフィルタリングの話は是非、知っておいた方がいいと思う、優良とされているサイトも実はあてにならないことがよく分かる。他いろいろとインターネットの裏や表の事情がよく分かる。国内の話ばかりではなく世界はどう動いているか、それに対応しテレビや雑誌、新聞の取るべき道はなどの話題。
マスメディアは今後いかに動くべきかってことが250ページほどのこの本にビッシリ書いてある。

第5章の「ルーツ・オブ・ひろゆき」では、おいたちが書かれており、ここは結構笑える。第5章で彼の論理的思考のルーツが分かるかも。




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト 
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 19:56| Comment(0) | ビジネス書