2009年05月07日

シュレット・アジャスティング・プロトコール

ad-prot.jpg
シュレット・アジャスティング・プロトコール


chapter 1:足
chapter 2:膝
chapter 3:股関節
chapter 4:四肢のアジャストメントに関する神経生理学的根拠
chapter 5:手首
chapter 6:肘
chapter 7:肩
chapter 8:肋骨のアジャストメント
chapter 9:TMJ(顎関節)
chapter10:患者が見て感じることのできるデモンストレーション

写真が豊富で解りやすくアジャスト方法が紹介されています。
リスティングの検査については詳しくは載っていませんので他の本と併せて読むのがいいと思います。

この本で一番よかったのは【chapter4】四肢のアジャストメントに関する神経生理学的根拠。
(chapter4・要約)
頭痛や腰痛の症状で訪れた患者が治療を受けた後にアレルギー症状が治まったり胃潰瘍が治ったなどの事例を多くのカイロプラクターが経験している、これは機械受容器に対する侵害受容器の発火バランスに変化が生じることで起こる。そしてこの機械受容器があるのは脊柱だけではなく四肢にもある。四肢のアジャストメントは「おまけ的」な「特別」な治療ではない。

またカイロプラクターなら誰でも知っているHarvery Lillard の両耳の聴力をカイロプラクティック・アジャストメントによって回復した話について、そのメカニズムの説明は驚き。
このchapter4は一番最初に読むのがいいと思います。カイロプラクティックの素晴らしさを再認識できる重要な部分。



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト 
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 19:22| Comment(0) | カイロプラクティック