2008年05月24日

赤めだか

akamedaka.jpg赤めだか

噺家が話がうまいのは当たり前、でも文章がこんなに上手いとは、まさに名人の噺をきいているようだ。

その時々の風景が、読んでいて、ありありと浮かぶ。
立川談士が目の前でしゃべってるような錯覚さえしてしまう凄い文章表現力。

立川談士という破天荒な落語家の考えは極端かもしれないがこれが本質なのかもと考えさせれれるエピソードが満載。

著者の生い立ちから現在に至るまで話だが人生の覚悟が端々で伺える。そして話が噺家の世界のためなのか“粋”である。テンポがいい。
どんどん引き込まれて、あっという間に読み終えてしまった。立川談士、著者及び一門に対して見る目が完全に変わった。

最終章は泣けます。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
TEL:072-453-5174
ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ